by Ayumi(市川歩美)

ゴディバ 国内初のカフェ「GODIVA café Tokyo」がオープン

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

日本初のゴディバのカフェ「GODIVA café Tokyo」が、11月26日、東京駅グランルーフ フロントにオープンします。オリジナルドリンクやスイーツなどのイートインメニューをメインに、フードメニューも多数です。

国内初「GODIVA café」東京駅のグランルーフ フロントにオープン

 

ゴディバ初のカフェは、モダンヨーロピアンをベースに、デンマークを代表するブランド「FRITZ HANSEN」のチェアを配置。ここちよく、上質感のあるカフェです。

ドリンクが豊富

 

一足先に、伺いましたので、内容を少しご紹介します。

こちらは、カカオソーダ。ミルクチョコレートとソーダを使ったドリンクです。「チョコレートを味わった感」がある、こういうソーダは、私にとって初めて。

「インフィニミックス」というマシンを使って作るそうで、クリーミーで滑らかな口当たりが特徴です。ほかにも、もう、困るほど、カフェのオリジナルのチョコレートドリンクがあります。

すごい数!

 

上の写真を見て、私はクラクラ笑!だいぶ迷うと思いますよ。

「カカオチョイス」(チョコレートドリンク)以外のドリンクには、GODIVAチョコレートが1つ添えられるそうです。

 

オリジナルスイーツ

 

スイーツは、GODIVAの ヤニック・シュヴォローシェフによる、カフェオリジナルのコレクションを展開。

「ムースショコラ」を、ヤニックシェフにご説明いただきつつ味わいました。シンプルですが、とても美味しかったので、お勧めします。

生チョコのようなタイプの「ムースショコラ」。サイズもちょうどいいです。チョコ好きな方はぜひ。詳細は後日。

カカオを使ったフードメニューも

 

フードがおもしろいので注目してください。

カカオを使ったシチューや、カカオパルプを使ったスープ、カカオニブを使ったサラダもあります。

クロワッサンとワッフルを合わせた「クロッフル」、ジャーに入ったサラダやスープ類などの「ジャーフード」、パスタやお蕎麦まで、お食事系が豊富です。

「GODIVA café」は2025年までに約50店舗の出店を目指しています。

ドリンクからお食事まで、多様なニーズに応えてくれるカフェ。そして、上質でヘルシー、カカオとチョコレートが主軸。カカオとチョコレートの可能性を美しく提供してくれる、ゴディバの新しい「カフェ」の展開に、注目しましょう。

ヤニック・シュヴォローシェフと私。もちろん、ふたりともマスクの下は満面の笑顔!

 

GODIVA café Tokyo
〒100‐0005東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅構内地下1階
グランルーフ フロント内
定休日:無休(施設に準じる)

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.