BY AYUMI ICHIKAWA

ロイズの「英国フェア」 市川歩美のお気に入りを3つご紹介

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ロイズが現在行なっている「英国フェア」。様々な商品の中から、私が気に入った3アイテムを、シェアします。昨日公開したVoicyの番組も、参考にしてくださいね。
(登録なしでもどなたでも聴けます)

英国フェアとは

 

ロイズのカタログをよくご覧になる方は、もうご存知だと思いますが、ロイズは、定期的に各国のフェアを行なっています。

今は「英国フェア」として、イギリスの伝統菓子や食文化をベースに、ロイズが作ったチョコレート、お菓子が販売されています。

ここのところイギリスの食が好きな私は、ちょこっとそれにはまりぎみで、いくつか入手して味わいましたので、その中から気に入ったものをご紹介します。

*さすがに、全アイテムをためしていないので(ためしたいけど笑)、読者のチョコファンのみなさん、他に、お気に入りを見つけたら教えてくださいね。

 

クランブルケーキ

ひとつめは、クランブルケーキです。それにしても、私はこれが好きみたいで、インスタライブ やらVoicyやら、あちこちで何度もいうようですみません。私好みなんです、とても。

以下、詳細記事をリンクします。

ロイズの英国フェア「クランブルケーキ」がお気に入り

すでに、食べきってしまって、手元にはありませんが、思い返せば、おやつの時間が楽しみになったほどで、なんというか、思い出になっているほどです。個人的には、3つの中で、一番こちらが好きというか、歩美好みです。

 

ロイズチョコレートティフィン

 

これを冷蔵庫で冷やして、ちょっと固めになったのを、少し常温にもどしていただくのが、とても好きでした。ロイズチョコレートティフィンです。

4個入り1300円(税別)

 

2種類が2個ずつ、4個入り。

イギリスで親しまれているお菓子「チョコレートティフィン」をロイズ風にアレンジ。カラーもかわいいですし、食べ応えがありました。

サクサクのそぼろ状のクッキー(クランブル)とフリーズドライのストロベリーをチョコレートで固めて、チョコレートコーティング。コーティングがミルクチョコとダークチョコで2種類です。ビスケットケーキ、という感じでしょうか。美味しかったです。

今の時期の東京では、常温でいただくよりも、私は冷蔵庫にいれて、少し冷やしていただくのが好きでした。ただ、なかなか分厚いので、前歯にきをつけてください。冷蔵庫から出して、少ししてからかじりましょう。

 

プラリネショコラ「バイオレット&ジン」

 

3つめは、一粒タイプのチョコレートです。プラリネ、といってもナッツは使われていません。

バイオレット、そしてジン、2種類のチョコレートが6粒ずつ入っています。ミルクチョコレートの方が「バイオレット」で、ビターチョコレートの方が「ジン」。

バイオレットの香りのチョコレートはヨーロッパではよく知られていますが、あまり日本では一般的ではないですね。

このセットは12個入り1100円(税別)と、とても良心的なプライスなので、バイオレット(すみれ)の香りのチョコレートを、一度は味わってみたい方は、ぜひ。

バイオレットは、カシスピューレと少し洋梨のブランデー入り。「ジン」の方も美味しかったです。「ジンバック」をイメージしたチョコレートで、レモンピューレとジンジャーの香りがあります。

結構凝っていて1100円(税別)がうれしい

 

はい。以上が現時点での、英国フェアの私のおすすめ3つ、でした。

他にも、いろいろ食べたいものがありましたが、チョコを仕事をしている私には、チョコスケジュール、というものがありまして、ほしいものを、ほしいときに、ほしいだけ買ってしまわないよう、自分に言い聞かせなくてはなりません……。

実は「チョコレートショートブレッド」や「紅茶とりんごのプチケーキ」もおいしそう……などと考えていました。

ロイズのフェアの商品には工夫があって、ユニークな素材が使われ、おもしろいです。そして1000円くらいで購入できるのは、チョコレートファンには、とてもうれしいですね。

text & photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.